農林22号 刈り取り

今年から農林22号という品種を栽培しています。

これは古い品種で、コシヒカリの片親にあたる品種。とても美味しいらしいのですが、丈が1メートルくらいになり倒伏しやすく収量も多くないので廃れてきた品種。

今年は8畝と5畝の2枚で栽培し、今日は5畝のみ刈り取り。

結果は反当6俵くらいありました。
見た感じ収量はそこそこあると思ってましたが、まさかの6俵。

この田んぼは代掻きした時に灰汁がとても少なくて良い土の状態なのはわかっていました。そのせいかコナギの発生も少なくこの結果につながったのかな。この田んぼだけマイクロバブルを投入したのもある?

ともかく来年に向けて明るい材料です。イセヒカリも1枚の田圃では5俵程度の収量を達成できており、全部ではないけど目標(5俵)にいった。

今年は田んぼの均平を優先し、コナギ発芽抑制のためのゴロゴロ田んぼは中途半端になりました。

来年はゴロゴロ田んぼの徹底と、あめんぼ号による除草を取り組めば、今年以上の結果になると思われます。天候が今年より良ければ更に。。

今年は色々ありますが、何とか来年にプラスにつなげます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です